〆のカツ丼


by Tatsuro-KAZE
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日も仕事でラジオを聴いておりました。

なにやら、高校の合格発表とかなんちょこれ。

ラジオのインタビューで、合格したからワクワクですわ。
合格したので、ゆっくり家でだらだら過ごしたいですねぇ。
第一志望校に受かったので、これから仕事してる親に報告します♪
とか、まぁもろもろラジオの向こうの人の笑顔が想像できました。


でもね、自分は素直じゃないのかな。


合格した人がいるってことは、逆もいるわけでしょ?
合格した人は、今が一番楽しいっしょ。
落ちた人は、今一番苦しいときだよね。




でもね。
自分でお金稼げるようになったら大切な人と行っておいで。
あの聖地へ。



そして、カツ丼を囲んでらっしゃい。


きっと、学ぶことがそこにあるぞ。
もしかしたら、もっと大事な何かが。





あぁ、自分も学びたくなってきた。。。


もう少し。
あと少ししたら、また行こう。


いざ、〆!!
[PR]
# by Tatsuro-KAZE | 2010-03-11 22:45

もはや聖地などない

ちょうど一ヶ月くらい前のことです。


シメれなくてモンモンとした日が続いていたボクは、
勇気をだしてある行動に出た。


「ひとり〆」である。


かつての仲間とも疎遠になり、もはや〆ることさえできなくなった。


オレはひとりでも〆る!!


躍起になって初めてひとりで開けた扉

やはりココだけは変わらない・・・




・・・・と、思っていた。



しかし、出てきた"モノ"に目を疑った



薄いっ!!


厚みは全盛期の約半分



ひとつの時代が終わった気がした。


今の薄っぺらなオマエにはこれで十分、、、とでも言うのだろうか。。。
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2009-09-15 22:11 | カツレポート

しみてない

先日、ひさびさの聖地でのカツ丼でしたね。

おばちゃんは若干ご機嫌ナナメでしたが、
やはりフルメンバーで〆れるというのは
なによりうれしいことです。。


みんなそれぞれのライフ


以前のようにグルーヴしてないのが少し寂しい気がするが


また集まろうじゃないか



しかしまぁ、今回のイチバンのご馳走は
ご結婚されたおふたりの笑顔ですよね。


全部含めて


シマッた!!
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2009-07-14 00:39 | シマった!!

2008年の「〆」

いつも以上にコンディションを整え、服装も黒で攻めると。

なぜなら2008年の締めくくりとして、あの聖地を目指すからである。

フルメンバーではないものの、彼の気持ちもしっかり抱きながら二人の男は向かう。


ところが、年末ともなると街はガヤガヤと。

いつもの駐車場が空いていない。

そこで、他の駐車場を探すがてら、一応聖地の前を車で通る二人。


なんと!!


看板の電気がついていない!?






とまぁ、聖地では看板の蛍光灯を換えないのはよくあること。
フっ!
と思うものの、今日はのれんも下がってない!?
つまり




まさかの。。。。




やってない!!







想定!!




途方に暮れたぜ。




二人でミーティングして、聖地は残念だったがせめてカツだけでもこだわりたい!!
なんたって2008年の〆だから!
なんとかカツで!!


チェーン店のカツで行こう!!



新しい目的地は決まった。



ものの、最後に一応、一応聖地を通ってみよう。

さっきはやってなかったけど、今はやってるかも。



一応、聖地の前を車で再度通ってみるふたり。



店やってるし!!!




やっぱり聖地はただもんじゃねぇ!
うちらを試しましたね?

なんとか聖地への入店資格を得たうちらは、玄関を入るなり
貸切状態の静まりかえった店内で

私:「こんちわー!カツ丼2つください!」

おばちゃん:「はいよっ」


10分後・・・



おばちゃん:「はいおまたせ!!」

うちら:「いただきます!」


年末の〆ともなると、いつもより肉厚であった。
さすが、聖地。
わかってますなぁ。
背中を押されてる気がしました。
今回はフルメンバーではなかったが、気持ちはフルでヤツの分までしっかりと吸収☆


お勘定の際

おばちゃん:「盆休みかい?」

うちら:「はいっ、今年の最後はココのカツ丼って決めてました!」

おばちゃん:「あらあら、うれしいねぇ♪」

おばちゃん:「また来年もよろしくねぇ、ありがとね、良いお年を」




今年すべての〆が完了した瞬間であった。

世の中が変わっても聖地のカツ丼は変わらない。
外見も中身も。
これからもそうであってほしい。

おばちゃん少し痩せたのが気になる。。。



さぁ、〆たということは新たな一歩が始まろうとしている。
いや、もう始まっているのだ。

新たな一歩も意識できなければ、一歩にならない!
前に進まぬ限り、〆はない。

〆るために歩もう!新たな一歩を目指して!
[PR]
# by Tatsuro-KAZE | 2009-01-06 02:39 | シマった!!
お久しぶりです、ボクです。

文面で誰だかバレてしまうのが痛いな

何度も言うが、このアクセス数が快感です。

今週のアクセスは月曜日から
0 0 1 1 1 1

っね、快感でしょ♪

最後の「1」は自分だとして、他に誰が見ているのだろう・・・?


さて、今回も〆させていただきましたm(_ _)m

またいつもの席。

脂に負けていた頃の自分がなつかしい。

ペロッといけるね。

飲めると言っていいくらい。


今回はけっこう忙しかったし、私情もはさんだためか涙が出るほどおいしかったです。


次回の〆までもうすぐです。


がんばれ、オレ!!
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2008-09-05 01:45 | シマった!!
昨日は〆の日。

"それ"は前回、前々回とあきらかに違っていた。

黄金に輝く"それ"を、左端からほおばる。

いつもどおりだ。

しかし口に入れた瞬間、会話が消えた。

彼も同じだった。

「だれかオレの箸を止めてくれ」

昨日ほど、、スピードを上げる手をうらんだ日はない。。

それは確実に進化している


燃えたよ、、燃え尽きた、、真っ白によぉ。。。

完全にシマった・・・・

ゼロになった。

今日からまた新しい始まり。。

駐車料金も¥100だった。
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2008-08-06 02:47 | シマった!!

ひさびさの〆

昨日、一ヶ月ぶりの〆でした。

やはり一ヶ月も空くと「毎度さま」とか「いつもありがとね」は聞けなかった。

でも、カツ丼はいつも以上に輝いていた。
端っこから食べ始めると、最初の一切れは9割は脂。
その溶け出した脂が甘い甘い。

シマった!!

今日からはまた新しい始まり。。。。
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2008-07-24 22:29 | シマった!!

信じれるのはカツと自分

気分転換にスキン変更してみました。

チェリーズです♪


さて、昨日は〆の日でした。
最近は貸し切り状態で非常に気分がよい。

もちろんいつもの席だ!

聖地のソレはいつ見ても感動させてくれる。

ホンモノだ!!

これぞ黄金率
カツ:めし=1:1

さらに
肉:脂=1:1

間違いない!


家でめし食ってたときに集合かかったにもかかわらず、ペロっとや


人はホンモノの前ではウソをつけない。
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2008-06-24 02:21 | シマった!!
先日、ひさびさにフルメンバーで〆ることができました。

聖地でフルメンバーが揃うのは、実に数ヶ月ぶりで・・
ジワッとくるものがありました。

しかし、特に何を成し遂げたでもないため、やや重みに欠けたかなぁと反省しているところであります。

次回はもっと大きな達成感とともに〆ようぜ!

そのための・・・

新たなスタートをきるための〆

そういう意味で今回は・・・


シマった!!
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2008-06-15 01:13 | シマった!!

会議

や~久しぶりの会議ですよ。待った待った。
フルメンバーなんていつぶりだっけ?
攻めの帰宅とか逃げの帰宅とかあったからね~。
そりゃあ積もる話もあるでしょうよ。
あるでしょ?ね?ありますわ。

理想はそうだなぁ、
聖地→ドリンクバーの朝までコース

ままま、お互い時間も限られてるから無理は言わないけども。
その限られた中で何%まで出せるかと。
こんなとこにも勝負は転がっているんですね。
〆るか、〆らないか、ただそれだけの話だ。

さ、腹を割って話そうか。



何時ガンだって?
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2008-06-09 06:09 | 〆たるもの

〆の可能性

〆るためには、何かを成し遂げなければならない。

いや、何かを成し遂げたからこそ〆なければいけない。




〆るってのは、一つの終止符を打つと同時に、新しい一歩を踏み出す「攻め」でもあるわけだ。

しんどくても攻めると、その先には〆が待っている
そしてまた一歩進むことができる


世の中の流れが速くてついていけない
というより、がんばってついていく必要もない気がする・・・
世の中があわただしく流れていても、自分人生はマイペースにいきたい
だけど、何もしなくても時間は進む
だったら、とにかくやるしかない

やるしかない

がんばるって、そういうことかな。。。
[PR]
# by Tatsuro-KAZE | 2008-06-06 20:57 | 〆たるもの

同じものを

これは、僕らの中ではキーワードだ。
同じ土俵に上がってその挑戦を受けようじゃないかと。


こないだ不意にこのキーワードを聞けたよ。
何気なく僕が聞いた「何か飲みます?」
その答えが「じゃあ~同じものを。」

嬉しくなったねぇ。
久しぶりに勝負かと、〆かと思ったね。
まぁたかがドリンクだから、
ひとりにやけただけだけども。



またはこんな出し方もある。

「ドリンクバー取って来ようか?」


「あぁ…レモンスカッシュ。

 …君と同じものを。」
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2008-06-03 03:50 | シマった!!

5月25日〆

昨日はおかわり自由のあの店で〆ました。

早い時間帯だとここでの〆も可能。。悪くないぜ!

前回はジャンボロースカツ定食と死闘を繰り広げたのだが・・・

今回は攻めのエビフライ&ロースカツ定食!
そして攻めの「同じものを!!」

邪道な定食なので、カツの大きさが気になったが・・
まぁまぁ許容範囲だ。

おいしくいただきました。


店員さんの挑発にちょっと熱くなった場面もあったが。。
「キャベツのおかわりは1つでいいですか?」
これにはカチンときたね!
「へぇ~、キミは食べれないんだ」って言いたいんでしょ?
遠回しに言いやがって!

「いや、キャベツもふたつだ!!」

言ってやったぜ。


しかし、、、食べてすぐにトコロテン方式にもよおすとは・・・
内容量が限界値に達した、とでも言うのだろうか。。

本日の戦績
エビフライ&ロースカツ
めし3杯
みそ汁2杯
キャベツ2杯

まだまだだぜ
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2008-05-27 01:42 | カツレポート
どうにもこうにもシマらない日々が続いております。

これはイカン!

今回はちょっと甘えさせてください。

17日は攻めの仮〆でした。


「いつもありがとう」のひと言は聞けなかったが、
「帰り気をつけてね」という心遣いがうれしかった。

仮〆だからといって、なべラーと迷っていたことが恥ずかしい。


プッチモニ、本当の〆の日は近いよ。。
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2008-05-23 01:50 | 仮〆

完全にね

えぇ~と5月4日、ひさしぶりにシマった!

完全にシマった!!

あとはもう言葉なんていらないでしょ!

わかるでしょ!
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2008-05-10 02:02 | シマった!!

負けたらアカン

ランチにラーメンしました。
通勤途中にある、やたら目に付く「つけめんあります」ののぼりが立っている店です。
聞いてもいないのに「つけめんあります」だぁ?
そういえば、誰かが【前につけめんにハマッてた】て言ってたなぁ、と。
そんなに主張するなら試してみようじゃないの!

で、初の討ち入りを果たしました。

「つけめんの醤油でお願いします」

「かしこまりました~!普通盛りでよろしいですか~?」

「はい!普通で」

「大盛り無料ですけど普通でよろしいですか~?」

「はい!あ~~・・・・・・大盛りで!」



今日は↑の『・・・』の間の思考回路をご紹介。

「はい!あ~~・・

完全にフリだな今。
大盛りが無料で?特盛りが100円?ほ~お。
タダで出してやるのに大の若者が大盛りも食えねーのか?ってことね?
そりゃ若いですよ?最近のあだ名はニィニィですもの。
おじさん→ジジイ→ジィジィ→ニィニィって、
確実に若返ってるんだから。
でもねぇお兄さん、
僕はけっこうな期間、『聖地でのかつ丼』や『ライスおかわり無料システム』から遠ざかってるのよ。
そりゃ~調整もできてませんわ。
だからって気持ちは負けてませんよ?
いつ何時、誰の挑戦でも。ね?
逃げも負けもいいわけもしませんから。
はい、大盛りを出してよ大盛りを。

       ・・大盛りで!」

この試合、終わってみると何てことはない、
これが大盛りですか?レベルですよ。

やっぱり、気持ちで負けてはアカンのです。
危ぶめばそこに道は無し。
『自信』という字は、自分を信じると書きます。
信じれば、持てるのです。

信じて 挑めば 道は 続く
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2008-03-07 06:07 | カツの他には

新境地

今日は、新たな挑戦でした。

時間帯が時間帯だけに「仮〆」といっておきましょう。

ちょっと遠出をしてのとんかつ定食

カツ丼ではなく、とんかつ定食だ!!

ここに新たな挑戦と発見があった。

カツの厚みは"聖地"におよばないものでした。
聖地のカツは「ダシなんか滲みてたまるか」という、肉の強い主張が見られる。
本日のカツは「衣と仲良くやってこうぜ」的な"なぁなぁカツ"でした。
薄いけど大きかったね。こうなるとご飯とのバランスが難しい。
そしてこのお腹へのパンチは、量じゃなくて脂だということが判明しました。

今日のポイントは
店員の態度がすばらしく、100点あげてもいいくらいだったということ。
まっ、ボクらの審査基準はゆるいけど。
気さくだしオマケしてくれたし。

このおかげで「仮〆」に値するくらいのカツになりました。

やはり〆とは気持ちの問題ですから、ここは非常に重要なところです。
そのことに気づいたので、今日は価値ある挑戦だったと思います。

以上
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2008-02-23 02:52 | カツレポート

なんだかなぁ~

このアクセス数の少なさが快感だぜ!!



しかし、しまらん!!


お金持ちになりたい。
せめて「経済的理由でシマらない」ことのないように。

でも、めったにシメれないからこそ、
シマったときの充実感が得られるのか。

ん~、深い、深いよこれは


なんだかなぁ~・・・
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2008-02-18 03:35 | どーも、しまらんッ!!

よく考えたら今年初〆

いや~、ひさびさ〆たね。
やっぱホンモノは違うよ。
しかも聞いた?帰り際のおばちゃんの一言

「いつもありがとう」

・・・だって。

この一言でシマったな!


究極は、店に入ったときに
「いらっしゃいませ」の代わりに「まいどさま」
これ目標な!


しかしあのタイミングでコンセントばぁ~ん!!はねぇよな

今日のおさらい
ウエンツ×徹平=WAT

シマった!
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2008-01-28 03:19 | シマった!!

村のでいいから

飲み会の〆はカツ丼でしょうよ~。どう考えたって~。

あっさりラーメン?さらさらお茶漬け?
邪道外道そんなの~。
シマル・シマラナイの前に〆の儀式にも取り掛かられへんわ。
「飲んで食ってで腹いっぱい」?そっからが本番でしょ!
限界なんて見たことねぇ!それが漢でしょ!


なんやかんや言いながら2時間前に梅茶漬けなんて食べてた人は誰?


この私です。

だってカツ丼ないねんもん。



そりゃーベストは町のカツ丼ですよ?聖地ですよ?
でも村のでいいからカツ丼が欲しいですな~。
あの甘ったる~い。青海苔がかかった。
妥協とかじゃなくて、そのくらい欲しいって事です。


村のでいいから・・・。
[PR]
# by tatsuro-KAZE | 2008-01-25 06:19 | カツ丼